悪徳業者のホームページ制作。

ちょっと実際に私達にはまだまだホームページ制作に注意しなければならない問題があるようです。

dahj

  1. リース契約かん
  2. 完成度
  3. 解約できない

実際に、ホームページ制作業者にお願いしたらOKという問題でもありません。
実際に、私達がホームページ制作で業者と契約する際に注意しなければならない問題はリース契約と言います。

実際に、リースがイコール悪徳業者ではありません。

 

djahj
しかし、

仕事の完成度が判らないホームページの制作にあたり、リース契約は問題を起こす場合が非常に多いと言われています。

実際に、ホームページを作成するという行為は、モノを販売するものではなくリース契約の対象にはなりません。
しかし、ホームページの業者はそれを対象にするためにパソコンを販売したり、ソフトを販売したりというモノ販売に見せかける訳です。
何かまるでサービス品の付随物のような感じでパソコンなど提供する訳ですね。

ejkakja

結局いつの間にかモノの販売だか、ホームページの制作問題だか業者の都合いいように裏返ってしまうのです。

悪徳業者はリースという言い方をして法律逃れをしているケースが増えていると言われているのです。
リース契約だから、解約出来ないという主張の仕方ものうのうと悪徳業者はしてくるようです。

ホームページ制作の良くある話

タイトル『ホームページ制作の良くある話』

 

最近はブログやツイッターの流行を受けて個人、企業でもよりよいホームページを制作したいと考える方も多くいるでしょう。

しかしどんなジャンルでも陥りやすい間違い、不具合があるもので、いくつかそういったものを紹介したいと思います。

pixta_8474109_L

ココがポイント

まず一つ目が、『いきなり大きなFLASHを前面に出してしまう』ということです。
気になってページを開いてみたら画面一面のFLASHが始まって、SKIPをクリックしてしまったけれど、もしかしたらFLASHの中に見ておきたい情報があったのかも……となってしまう経験が誰しもあるのではないでしょうか。
ホームページは文章を読ませるものなので、それを妨げるようなFLASHは、そのホームページに興味のある人ほど遠ざけてしまいます。
二つ目が、『広告が多すぎる』ということです。
個人のホームページに来たはずなのに、似たような種類の広告が何枚も……といったことや、主婦のサイトなのに明らかに興味がない筈の、パソコン関係の会社の広告がある……というようなホームページは広告費目当てと思われ、敬遠されてしまうことがあります。
お小遣い稼ぎも決して悪いことではありませんが、ほどほどが一番です。pixta_7807898_S
ホームページは確かに個人の物ですが、あくまでコミュニケーションツールということを意識し忘れないすると、より効果的に制作できます。

ホームページ制作はホームページ制作 東京