小物を用意しよう

FW097_L

 

普通、写真を撮影するのに必要なものは、一台のカメラのみです。

 

もう少し言えば、撮影の対象となる被写体も必要です。本格的になれば光源や反射板も出てきますが、これについては今回は触れません。
ところが商品撮影のような見栄えを重視する写真を作ろうとするなら、色々と、そして被写体に会わせて、その都度用意する物が出てきます。被写体の周りに添える小物類です。
十把一絡げに小物と呼称しましたが、これらは主にテーブルクロスや衝立のような背景を担うものと、被写体の周りに置いて雰囲気やカジュアル感・高級感を演出する小物があります。
たとえば、被写体がお菓子であった時、それを載せる皿が紙皿と陶器皿では、見る側の印象が大きく違ってきます。また、同じ皿でも、無地のものと絵柄のあるものとで、やはり印象が変わります。
別の例を挙げれば、置物を撮影しようとする時、もう少し高級感を出したいな、と思ったら、背景としてアンティークな家具の上に置いたり、周りに金属類、特に大きさが比較しやすい万年筆などを添えることが考えられます。逆に親しみやすさを演出したいのであれば、畳の上に置いたり、日用品を添えたりして、普段身の回りにあるものだ、という印象を演出します。
被写体そのものは何も変化していないのに、周りの小物を変えるだけで印象を操作できるというのは、とても重要なことです。もう少し高級感を出したい、あるいは親しみやすさを出したい。そうした要望を叶える上で、小物の類はとても便利でかつ効果的なのです。

とはいえ、それら小物類を自宅にあるもので間に合わせられるかは別問題です。

写真に一緒に収めるものなのですから、勿論綺麗な状態であることが好ましいです。そして絵柄などのデザインセンスも重要です。地味すぎるのは無論、派手すぎたり奇抜すぎたりしても、今度は被写体よりもインパクトが大きくなって逆効果になります。本格的な商品撮影を続けていきたいのであれば、撮影用の小物類を購入する必要が出てくるかもしれません。

 

商品撮影

瑕疵保証の具体的な仕組みは

瑕疵法というのが、平成12年に施行されたジュウタクに関する新しい法律になります。

JC007
新築住宅における瑕疵担保保証10年というのが定められています。
瑕疵担保責任というのは、き渡された住宅に瑕疵があった場合に住宅の修理等にかかる費用を負担したり、賠償金等の支払い義務が請負業者側にあるということになります。
その保険は団体に請負業者が加入することで、保険料を払ってから何か問題が発生した時にその修理費の全額を負担するというものです。
この瑕疵とは欠陥という意味となります。
新しい法律になりますので、ほとんどの方が分かっていないと思います。
おの義務が発生するのは、請負業者と施主(注文者)との間の新築住宅の請負契約と工務店と不動産業者との間の請負契約や住宅取得者(購入者)と不動産業者との間の売買契約でこの法律が有効となります。
これは個人の住宅だけでなく、分譲マンション等にも有効となっています。
気をつけなければいけないのが、新築で1年いないの家を対象としています。
新築で1年以上人が入っていない住宅は、この法律は効きませんので注意が必要です。
建築後2年たったものを購入して、地盤に何か問題があり補修をしなければ行けなくなった場合には、この法律は無効となり、自身で修理費用は支払わなければいけません。

 

地盤保証

悪徳業者のホームページ制作。

ちょっと実際に私達にはまだまだホームページ制作に注意しなければならない問題があるようです。

dahj

  1. リース契約かん
  2. 完成度
  3. 解約できない

実際に、ホームページ制作業者にお願いしたらOKという問題でもありません。
実際に、私達がホームページ制作で業者と契約する際に注意しなければならない問題はリース契約と言います。

実際に、リースがイコール悪徳業者ではありません。

 

djahj
しかし、

仕事の完成度が判らないホームページの制作にあたり、リース契約は問題を起こす場合が非常に多いと言われています。

実際に、ホームページを作成するという行為は、モノを販売するものではなくリース契約の対象にはなりません。
しかし、ホームページの業者はそれを対象にするためにパソコンを販売したり、ソフトを販売したりというモノ販売に見せかける訳です。
何かまるでサービス品の付随物のような感じでパソコンなど提供する訳ですね。

ejkakja

結局いつの間にかモノの販売だか、ホームページの制作問題だか業者の都合いいように裏返ってしまうのです。

悪徳業者はリースという言い方をして法律逃れをしているケースが増えていると言われているのです。
リース契約だから、解約出来ないという主張の仕方ものうのうと悪徳業者はしてくるようです。

ホームページ制作の良くある話

タイトル『ホームページ制作の良くある話』

 

最近はブログやツイッターの流行を受けて個人、企業でもよりよいホームページを制作したいと考える方も多くいるでしょう。

しかしどんなジャンルでも陥りやすい間違い、不具合があるもので、いくつかそういったものを紹介したいと思います。

pixta_8474109_L

ココがポイント

まず一つ目が、『いきなり大きなFLASHを前面に出してしまう』ということです。
気になってページを開いてみたら画面一面のFLASHが始まって、SKIPをクリックしてしまったけれど、もしかしたらFLASHの中に見ておきたい情報があったのかも……となってしまう経験が誰しもあるのではないでしょうか。
ホームページは文章を読ませるものなので、それを妨げるようなFLASHは、そのホームページに興味のある人ほど遠ざけてしまいます。
二つ目が、『広告が多すぎる』ということです。
個人のホームページに来たはずなのに、似たような種類の広告が何枚も……といったことや、主婦のサイトなのに明らかに興味がない筈の、パソコン関係の会社の広告がある……というようなホームページは広告費目当てと思われ、敬遠されてしまうことがあります。
お小遣い稼ぎも決して悪いことではありませんが、ほどほどが一番です。pixta_7807898_S
ホームページは確かに個人の物ですが、あくまでコミュニケーションツールということを意識し忘れないすると、より効果的に制作できます。

ホームページ制作はホームページ制作 東京