瑕疵保証の具体的な仕組みは

瑕疵法というのが、平成12年に施行されたジュウタクに関する新しい法律になります。

JC007
新築住宅における瑕疵担保保証10年というのが定められています。
瑕疵担保責任というのは、き渡された住宅に瑕疵があった場合に住宅の修理等にかかる費用を負担したり、賠償金等の支払い義務が請負業者側にあるということになります。
その保険は団体に請負業者が加入することで、保険料を払ってから何か問題が発生した時にその修理費の全額を負担するというものです。
この瑕疵とは欠陥という意味となります。
新しい法律になりますので、ほとんどの方が分かっていないと思います。
おの義務が発生するのは、請負業者と施主(注文者)との間の新築住宅の請負契約と工務店と不動産業者との間の請負契約や住宅取得者(購入者)と不動産業者との間の売買契約でこの法律が有効となります。
これは個人の住宅だけでなく、分譲マンション等にも有効となっています。
気をつけなければいけないのが、新築で1年いないの家を対象としています。
新築で1年以上人が入っていない住宅は、この法律は効きませんので注意が必要です。
建築後2年たったものを購入して、地盤に何か問題があり補修をしなければ行けなくなった場合には、この法律は無効となり、自身で修理費用は支払わなければいけません。

 

地盤保証

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>